〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5 マストライフ神田錦町1階
10:00~16:00(水は14:00まで*土日祝は休診)
- 受付 - 保険診療 ~16:00(水は14:00)/自費診療 ~15:00

サンプル

シミ

シミ

肌の一部分が茶色い色素沈着を起こした状態をシミと呼びますが、これは医学用語ではありません。

患者さんが「シミ」だと思って来院される症状の中には、様々な原因のものが混じっています。

原因によっては外見上の症状にとどまらず、ほかの問題をきたすこともあるので、気になる色素沈着が生じた場合は皮膚科で相談することをおすすめします。

シミの種類

一般的にシミと呼ばれる色素沈着には、下記のような種類があります。

肝斑(かんぱん)

30~40代の女性に多く、ホルモンバランスの変化が原因になると考えられています。

頬や口周りなどに、目の周りを避けるような形で左右対照に生じるのが特徴です。

炎症後色素沈着

※炎症後色素沈着についてはこちら。

老人性色素斑

30代以降の方に多く、露光部に多い境界のはっきりした色素斑です。身体のあちこちに見られますが、顔面、手背などに多発します。

年齢とともに増えたり、色が濃くなったりするのが特徴で、紫外線が主な原因とされています。

雀卵斑(じゃくらんはん)

小さな斑点が、鼻や頬を中心に複数できます。「そばかす」とも呼ばれます。

子供のころに出始め、大人になると薄くなったり消えたりすることが多いです。原因には、遺伝が関係していると考えられています。

脂漏性角化症(老人性イボ)

30代以降の方に多く、顔や身体のあちこち(手の平・足の裏以外)に生じます。

紫外線や加齢が原因になるとされています。

大きさ・形は様々で茶色や黒い斑点ができ、触るとザラザラしているのが特徴です。ときにはイボのように膨らむことがあります。

シミができる仕組み

皮膚の表面(表皮)にあるメラノサイトという細胞は、紫外線を浴びることでメラニン色素を生成します。

このメラニン色素には紫外線から肌を守る働きがあり、通常は役割を負えると肌のターンオーバー(生まれ変わり)によって排出されます。

しかし何らかの原因でメラニン色素が必要以上に生成されたり、肌のターンオーバーが乱れたりすると、排出がうまくいかず、メラニン色素が沈着し、シミとなって現れるのです。

治療

シミの治療は、種類によって異なります。飲み薬(美白剤・ビタミンCなど)を用いる方法や、ケミカルピーリング、レーザーを用いることもあります。

一部のシミを除いて、保険適応外になることが多いです。また、最適な治療法は、患者さんの肌質やご要望などによっても異なります。まずは、お気軽にご相談ください。

リラクゼーション
Relaxation (自由診療)

 

お肌のお悩み、
お気軽にご相談ください。

03-3294-1112

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2-1-5
マストライフ神田錦町1階

   

診療時間 10:00~16:00
水は14:00まで 土日祝は休診日
- 受付時間 -
保険診療 16:00まで(水は14:00)
自費診療 15:00まで

Web予約・順番受付はこちら
 

初めてご来院される方へ

   

詳細はこちらからご覧ください。

ページトップへ