〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5 マストライフ神田錦町1階
10:00~16:00(水は14:00まで*土日祝は休診)
- 受付 - 保険診療 ~16:00(水は14:00)/自費診療 ~15:00

サンプル

やけど

やけど

やけどは、医学用語では熱傷(ねっしょう)と呼ばれます。

高温のものに触れたときだけでなく、それほど高い温度でなくても長時間触れることでやけどをする(低温熱傷)場合があります。

やけどの重症度や深さの分類

やけどの重症度は、皮膚が障害を受けた深さと広さによって分けられます。

傷が深いと跡が残りやすく、皮膚のひきつれが生じたり、手足の動きに障害が残ったりすることもあります。

受傷したところから感染を起こす場合もあります。

小さなお子さんや高齢の方、糖尿病などの持病がある方は抵抗力が低く、重症化しやすくなります。

重症の場合は治るまでに時間がかかったり、命にかかわったりすることもあります。

やけどの深さの分類(Ⅰ度、Ⅱ度、Ⅲ度)と症状は次の通りです。

Ⅰ度

表皮(皮膚の一番上の層)まで障害された状態です。皮膚の赤みやヒリヒリとした痛み、むくみなどがみられます。

Ⅱ度

真皮(表皮の下の層)まで障害された状態です。皮膚の赤みやむくみに加えて、水ぶくれができ、強い痛みが生じます。

Ⅲ度

皮下組織まで障害された状態です。神経まで損傷するため、痛みはほとんど感じません。血管が傷つき、皮膚の色は白色や黒色になります。

応急処置

やけどをしてしまったら、直ちに流水でしっかり冷やしてください。

衣類の上からやけどをした場合、無理に脱ぐと皮膚をはがしてしまうおそれがあるので、服の上から流水で冷やします。

また、水ぶくれができている場合は潰さないようにしましょう。

アロエを塗るなどの民間療法は、傷の正確な診断を妨げることがあるので控えてください。

治療

皮膚科での治療は、やけどの重症度によって異なります。

軽いやけどであれば、炎症を抑える塗り薬を処方します。重症の場合、手術による治療が必要になります。

一見すると浅く見えるやけどでも、実際には深い部分まで障害を受けていたり、傷跡が残ってしまったりするケースがあります。

軽いやけどだと思っても、できるだけ早く皮膚科を受診することをおすすめします。

リラクゼーション
Relaxation (自由診療)

 

お肌のお悩み、
お気軽にご相談ください。

03-3294-1112

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2-1-5
マストライフ神田錦町1階

   

診療時間 10:00~16:00
水は14:00まで 土日祝は休診日
- 受付時間 -
保険診療 16:00まで(水は14:00)
自費診療 15:00まで

Web予約・順番受付はこちら
 

初めてご来院される方へ

   

詳細はこちらからご覧ください。

ページトップへ