〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-1-5 マストライフ神田錦町1階
10:00~16:00(水は14:00まで*土日祝は休診)
- 受付 - 保険診療 ~16:00(水は14:00)/自費診療 ~15:00

サンプル

ジベルバラ色粃糠疹

ジベルバラ色粃糠疹

ジベルバラ色粃糠疹(ひこうしん)は、英語名でPityriasis Rosea Gibertとも呼ばれます。

思春期~30歳代の若い方に多いですが、どの年齢でも発症します。

症状

お腹や背中を中心に、薄赤色(バラ色)や黄褐色の斑点がみられる皮膚疾患で、ほとんどの場合は1~2か月で自然に治ります。

はじめに、ヘラルド・パッチと呼ばれる赤い大きめの斑点(直径2~10cm程度)が一つ、お腹や背中などに現れます。

その約1~2週間後に、少し小さめの斑点(直径1~2cm程度)がたくさん出てきます。

背中にみられる斑点の配列が、クリスマスツリーのように並んで見えるのが特徴です。

かゆみは無いか軽いことが多いですが、中には激しいかゆみをともなう方もいます。

皮膚症状が現れる少し前から、微熱、喉の痛み、リンパの腫れなど風邪に似た症状がみられることもあります。

原因

原因ははっきりとはわかっていませんが、ウイルス感染が関連すると考えられています。ただし、人にうつることはありません。

検査

基本的には、症状を詳しく観察して診断します。

ただしジベルバラ色粃糠疹は、乾癬、梅毒(第2期)、脂漏性皮膚炎、ジアノッティ症候群、ウイルス性発疹、薬疹など様々な病気と似た症状を呈します。

こうした病気との鑑別のために、血液検査や皮膚生検などを行う場合があります。

治療方法

ジベルバラ色粃糠疹は通常、1~2か月で自然に治ります。再発することもほとんどなく、外用ステロイドを処方し様子をみます。

かゆみが強い場合には、かゆみ止めの飲み薬を処方することもあります。

ジベルバラ色粃糠疹は命に関わる病気ではありません。しかし、皮膚に大きな斑点が現れたら心配になるでしょうし、強いかゆみがともなった場合は日常生活にも支障をきたします。

ジベルバラ色粃糠疹と似た症状が出る病気の中には、放っておくと重症化するものもあります。ほかの病気を見逃さないためにも、赤い斑点がたくさん出てきたら皮膚科を受診してください。

リラクゼーション
Relaxation (自由診療)

 

お肌のお悩み、
お気軽にご相談ください。

03-3294-1112

〒101-0054
東京都千代田区神田錦町2-1-5
マストライフ神田錦町1階

   

診療時間 10:00~16:00
水は14:00まで 土日祝は休診日
- 受付時間 -
保険診療 16:00まで(水は14:00)
自費診療 15:00まで

Web予約・順番受付はこちら
 

初めてご来院される方へ

   

詳細はこちらからご覧ください。

ページトップへ